「京都・二条寺町ブログ」

そこは、町なかとは、ちょと違う。本当に好きな人たちが集う場所。さぁ、そこで、何が起こるのでしょうか。さぁ、皆で、呵々大笑いしましょう。
illustratoin by kazue☆ from momona
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 神秘なるゲイジュツ | main | 毛玉男に気をつけろ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
久しぶりの町歩き
久しぶりに、休日にランチを食べに行く。

行き先は、すっかりご無沙汰になってしまっている
sinamoへ。

やっぱり暖簾が邪魔で入りづらい、と思っているのは
僕だけなのだろうか。


珍しくキッチンの謎人氏お手製「ツナとナスのペンネ」
それからグラスワインをいただく。

なんとなくバゲットが進々堂っぽかった気がした。


お腹も満足して、店を後にしてすぐに、前に
僕が働いていた店の定連さんのおっちゃんに
遭遇して、言葉を交わしつつデイリーストアまで
一緒に歩く。

「お前がおらんようになって喋る人がなくて
さみしいわ」
と顔に似合わないことを言うので、少し、嬉しかった。

「仕事、がんばって」と互いに声を掛け合ったあと、
信号を北へと渡ると仕事終わりのmomonaスタッフ、
Kズエちゃんと遭遇。


そこから鴨川へと行き、シャッターを数枚、切る。

靴ひもを買いに御池を渡る前に、一度、地下へと
降り、「Jのめ」前を通って中を覗いたら、居るはずの
友達がいなかった。


靴ひもを買ったあと、写真の現像ができるまで
まだ、しばらく時間があったので、LOFT近くにある
CD屋に足を運ぶ。

真面目に、というか、探しているアーティスト名が
思い出せないまま、棚を右往左往していると
「うあっ」と僕の右側から軽い叫び声が聞こえて
そっちを見ると友達だった。

「あっ」と後ろからも声が聞こえて、振り返ると
さらに、そこには友達がいた。


帰り道、また「Jのめ」の前を通ってみたが
やはり友達はいなかった。



偶然の遭遇はあるのに、いると思った友達に
会えなかったというのは、なんだか、秋っぽいのかも
なんて思ったのは、きっと、今日の空が、驚くくらいに
青かったからなのかもしれません。



カズエちゃん
| 二条寺町 | 二条寺町物語 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
ナゾヒト (2007/10/12 10:52 AM)
先日はご来店いただき、誠にありがとうございます!進々堂さんじゃないわよー。女将があのひと「ファッショナブル」やわ〜と言っていました。
Kズエ (2007/10/13 1:46 PM)
うはっ!!
あの日の二条寺町さんのファッションほんまカワイかったです☆
ちゃんとカメラで撮影したかったな〜
今度撮らして下さい☆ エヘ エヘヘ
二条寺町 (2007/10/14 1:02 AM)
>ナゾヒト
でも、女将、僕の姿を見て、
「ぷふふっ」って笑いながら
奥へと消えていったぜ、笑。

>Kズエちゃん
あ、事後報告やけど、
勝手に写真、載せさせてもらいました〜。
おー、いつでもモデルになるよ、笑。

今度、撮った写真、送ってよ、
ブログに載せるわ〜。









url: http://nijo-teramach.jugem.jp/trackback/94
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES